事業内容

セミナー・各種研修・講演

当事務所の代表・山田真由子は、特定社会保険労務士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラーとして、事業者様のオーダーに合わせた、セミナー・研修・講演会(特に建設業での安全大会での講演)を承っております。これまで、国、自治体、各種団体、教育機関、介護・医療機関、や企業や労働組合からご依頼を受けております。専門分野は、労務管理、人材育成、メンタルヘルス、労働法など多岐にわたっております。オンラインやハイブリットにも対応しております。また、「わかりやすい」をモットーにしており、ワークや実習を取り入れた体感型の研修を得意としております。

コンサルティング

次世代まで残る事業所を作るためのコンサルティングをモットーとして取り組んでおります。一般的な社労士業務にとどまらず、人材育成や従業員の定着促進に力を入れております。採用支援、就業規則の策定、評価制度構築とフォロー、復職プログラムなどを行っております。また、介護や福祉の事業所に関するコンサルティングを得意としておりますので、処遇改善加算などのコンサルティングにも対応できます。ホワイト財団認定コンサルタントとしても活動を行っております。

労務相談

働き方改革関連法案などの施行に伴い、労働環境の改善について考えておられる事業所が多くなりました。近年の労務相談は、労働法だけで解決できるものばかりではなく、複数の領域のことを考えて対応しなければならない問題が多く存在しております。当事務所では、社労士としての労働法の知識だけでなく、「身体的・心理的・社会的な」視点を持ち総括的に相談にのっております。また、問題の本質に気づかずに課題解決に多大な時間を要する場合がありますので、専門家の意見をセカンドオピニオンとして取り入れていただくことは有効だと考えています。この仕事をしておりまして、問題を整理して知ることが、経営者や管理職の皆様の安心や幸せを提供することができるのだと感じております。

(職場の改善例)

・経営者の方から問題社員についてのご相談があり、お話をお聞きすると、発達傾向がある社員だったので、経営者の方と社員の方とで話をしていただき仕事内容や指導方法を共有したことで労務環境が改善された。そのことにより、周りの職場の方にも良い影響がみられた。

・仕事中居眠りばかりしていて職場の方は問題社員であると思い込んでいたが、ナルコレプシーの可能性もあるかもしれないので、医療機関に受診するように勧めた。その結果、医療的な治療が必要だわかり、課題が解決した。

PAGE TOP