ハラスメントを防止し、心理的安全性が高い職場を目指すマネジメント法

●タイトル

ハラスメントを防止し、心理的な安全性が高い職場を目指すマネジメント法

~5つのハラスメントを防止する心理的安全性の高い職場を作る方法からリモートマネジメントの留意点までを学ぶ~

スト

●想定する対象者

企業の経営者や管理職の皆様

●想定する価値

働き方改革の推進やコロナ禍による影響からリモートワークが進みました。2020年6月から大企業、2022年4月には中小企業にてパワハラ防止法が施行されます。そこで、心理的安全性の高い職場を作るためのマネジメント法を具体的に学ぶことが出来ます。

●コンテンツ

今、なぜパワハラが頻発するのか?

数値からみるパワハラの現状

パワハラ行為者可能性チェック(個人ワーク)

パワハラ防止法の改正について

パワハラはグレーゾーンだらけ!

あなたはどのタイプ?(個人ワーク)

ダメダメ上司は、部下の〇〇を奪う

指導とハラスメントの違い

マネジメントに自信のある人は少ない現実(投票機能)

リーダーシップとマネジメントの違い(個人ワーク)

マネジメントは方法論、リーダーシップはセンス

あなたの職場は心理的安全性の高い職場?低い職場(個人ワーク)

5つのハラスメントを防止する心理的な安全性の高い職場を作る方法

心理的安全性の高い職場とは?

方法①周りの人、付き合う人の長所を見つけてほめる。(個人ワーク)

方法②やってみて、マネをさせる。

方法③話を聴き、問いかける(個人ワークとブレイクアウトセッション)

方法④期待して任せる

方法⑤正しく褒めて、正しく叱る

リモートマネジメントの留意点①文字で伝えることを養う(ブレイクアウトセッション)

リモートマネジメントの留意点②事例性と疾病性を区別して考える

リモートマネジメントの留意点③相談でき、適切な人につなげる

リモートマネジメントの留意点④管理型から配慮型マネジメントへ

リモートマネジメントの留意点⑤リモートワークに向く人と向かない人