建設業の働き方改革「建設キャリアアップシステム」

建設業の働き方改革の一環として注目されている「建設キャリアアップシステム」。
平成30年度の秋に運用できるように進められています。

建設キャリアアップシステムは、技能者として一人ひとりのデータを
ICカードに登録するものです。

このことにより、技能の見える化、工事の品質向上、現場の効率化が狙いです。

ICカードには、何が書かれているのか?
本人の基本情報、保有資格、社会保険の状況が登録されます。

どれだけの技術があるのか?社会保険に加入しているのか?がすぐにわかりますね。
技術と社会保険は必須ですね。

建設キャリアアップシステムについては
http://www.kensetsu-kikin.or.jp/ccus/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です