建設業!経審でも35歳未満の就労促進!

平成27年4月1日改正で経営事項審査
(建設業が公共工事を受けるときの客観的な指標)では
大きく2つの変化があります。

1つ目は若年技術者・技能労働者の採用及び育成の推進、
2つ目は加点対象の建設機械の対象範囲の拡大があります。

建設業は、高齢化しており、若年技術者(35歳未満)の
採用促進が不可欠なのが、よくわかりますね。

若年技術者を採用するには、
採用の敷居は低く、
まず、ご自身の企業の取り組みを知ってもらうことが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です